東京の風景。勉強したこと。感じたこと。の雑記帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなり久しぶりに架空請求メールがきた

docomo ドメインの見知らぬアドレスからメールがきたので,
アドレス変更のお知らせとかかと思ったら,きましたよ架空請求w
架空請求とかってまだやってる輩がいたのかと驚きました.
とりあえず晒しあげ.

かわいそうなのが,アクセスバンクって実在する会社名なのね.(http://www.accessbank.jp/)
レンタルサーバとかの会社みたいです.
架空請求に使われる名前と被るなんて,何という災難….

電凸したいけど,変なトラブルに巻き込まれるのも嫌だし自重するか….
まぁこの記事読んでる方々の中で引っかかるような方はいないかと思いますが,
とりあえず皆さまもご注意ください.


- - - - - 8< - - - - - ここから - - - - - 8< - - - - -
from qr25y8fgbrp214vmxp11@docomo.ne.jp
to [私のケータイのアドレス]
date Tue, Dec 15, 2009 at 11:57 AM


重要なお知らせ

調査、和解業務を行っております(株)アクセスバンクと申します。

この度サイト運営会社より依頼を受け、ご連絡差し上げました。

この度、お客様がご使用の携帯端末より以前ご登録頂いた(総合情報サイト)から無料期間中に退会処理がなされていない為に、登録料金が発生し、長期延滞となっております。

本通知から翌日正午までにご連絡頂けない場合、『電子消費者契約法』、インターネット上の契約書である『利用規約』に伴い端末電子名義認証を行い、お客様の身元調査後、民事裁判となる可能性がございます。

誤ってのご登録、退会処理、和解ご希望の方は至急ご連絡下さい。

総合調査
(株)アクセスバンク
(相談窓口)03-3486-5682
担当 松下
10~19時迄

大事になる前の賢明なご判断をお待ちしております。

- - - - - 8< - - - - - ここまで - - - - - 8< - - - - -
スポンサーサイト

MySQL の configure で --with-innodb が効かない

MySQL をソースからビルドしてインストールしたんですが,
入れるつもりだった InnoDB が入らずハマったのでメモ.

使ったのは MySQL-5.1.39 です.

$ tar xzvf mysql-5.1.39.tar.gz
$ cd mysql-5.1.39
$ ./configure --prefix=/usr/local/mysql --with-innodb
$ make
# make install

とやったら,インストール後に

mysql> show engines;

しても InnoDB を発見できず.
一体どうしたもんかとうんうんうなってたら,
configure したときに警告が出てたのを発見.
コピペではないけど,↓みたいな警告がチラッと出てた.

unrecognized option: --with-innodb

そんなバカなと思って configure の help を調べたら,

--with-plugin-innobase

とやるように変わったらしい.
「じゃあ…」ということで指示通りにそのオプションに変えたら,
--with-plugin-innobase も unrecognized option との警告が….
どうすりゃいいのよ,とググったらこんな記事を発見.

Vamos Alla !!
(http://yossieworld.com/yossie/entry/mysql_5_1_34)

結局,以下のようにしたら InnoDB が使えるようになりました.

$ ./configure --prefix=/usr/local/mysql --with-plugins=max
$ make
# make install



twitter と Windows Live Messenger のステータス欄を同期する.

だいぶ乗り遅れた感がありますが,twitter を始めました.
でも,twitter 的な感じで現在の状態をちょっと書くようなところって
他にも色々あるじゃないですか.

全部更新するのはめんどい.
集約の第一歩として,Windows Live Messenger のステータス欄と同期するようにしました.
第二歩?それがあるかは知らない.

- - - - - 8< - - - - - キリトリ - - - - - 8< - - - - -

とりあえず以下がインストールされてる前提で話を進めます.

・Windows Live Messenger
    言わずとしれた IM クライアント.
    以下メッセ.

・Messenger Plus!
    メッセの機能を拡張するソフト.
    最新版でどうかは知らないけど,
    デフォルトでアドウェアがインストールされるので,
    インストール時の選択肢には注意.
    以下 Plus!.

- - - - - 8< - - - - - キリトリ - - - - - 8< - - - - -

ここまでインストールされてると,スクリプトを使ってメッセに色々機能を追加できます.
ここでは既に目的の機能を持つスクリプトを作ってくれた人がいるので,これを利用します.
スクリプト名でググればたぶんすぐ見つかります.
見つけられない人はあきらめてください.

・TwitPSM (ver 1.0)
    メッセのステータス欄が更新されたら,twitter に自動投稿するスクリプト.

・rss2psm Nuts (ver 0.2)
    twitter に限らず RSS を取得してをメッセのステータス欄に反映するスクリプト

Plus! が導入された環境であれば,スクリプトを開こうとするとダイアログが開くので
そのままインストールすればメッセに適用されます.
しかし,これら 2 つのスクリプトをそのまま利用すると,

    twitter に投稿するとメッセのステータス欄が更新される.
        ↓        ↑
    メッセのステータス欄が更新されたので,twitter に自動投稿される.

という無限ループに陥るので,スクリプトに修正を加えます.
以下の修正では,

    メッセのステータス欄を「ほげ」に更新.
        ↓
    twitter に 「ほげ by Windows Live Messenger」と自動投稿.

    twitter に「ほげらっちょ」と投稿.
        ↓
    メッセのステータス欄を「ほげらっちょ by twitter」に自動更新

という状態を目指します.またこれらのフォーマットを元に,投稿元を判別します.
動作イメージは以下のような感じ.

messenger-twitter4.png messenger-twitter5.png
こんな感じになります.



1. スクリプト修正画面の開き方

messenger-twitter.png
右下のブロックみたいなのがスクリプト管理メニューを開くボタン.

ボタンを押した後,「スクリプト設定...」を選択すると以下の設定画面が開きます.

messenger-twitter2.png
導入済のスクリプトが一覧に並んでいます.

スクリプト名を選択して,下にある「編集」ボタンを押すとスクリプト編集画面が開きます.

messenger-twitter3.png
インストールしたスクリプトはいくつかのファイルから構成されている場合があります.
編集するファイルは左上のプルダウンメニューから選択できます.



2. TwitPSM の修正・設定
スクリプト編集画面を開いて,TwitPSM.js を選択します.
修正個所は大きく分けて 2 箇所.

メッセから twitter に自動投稿されるメッセージの末尾に「by Windows Live Messenger」と追加.
before
17:            Debug.Trace("status="+message);
18:            xmlHttp.send("status="+message);    

after
17:            Debug.Trace("status="+message+" by Windows Live Messenger");
18:            xmlHttp.send("status="+message+" by Windows Live Messenger");    


メッセのステータス欄に「by twitter」が含まれるときは twitter から更新されたと見なし,
twitter への自動投稿を行わないようにする.
before
28:    function OnEvent_MyPsmChange(new_psm){
29:        Debug.Trace(new_psm);
30:        Twitter.send(new_psm);
31:    }

after
28:    function OnEvent_MyPsmChange(new_psm){
29:        if (!new_psm.match(/by\stwitter/)){
30:            Debug.Trace(new_psm);
31:            Twitter.send(new_psm);
32:        }
33:    }


スクリプトの修正が終わったら, TwitPSM の設定を行います.
twitter のアカウント情報を入れるだけで大丈夫です.

messenger-twitter6.png messenger-twitter7.png




3. rss2psm Nuts の修正
twitter の投稿にはつぶやきの前にユーザ名がついてしまいますが,
これが
スクリプト編集画面を開いて,feedReading.js を選択します.
メッセから twitter に自動投稿されたメッセージ (by Windows Live Messenger と入ってるもの) が再びメッセに反映されないようにします.
また,twitter における返信メッセージはメッセに反映しないようにし,
さらにメッセージにユーザ名が自動付加されるのを修正します.

before
62:        if ( readTitle.length > 0 ) postTitle = readTitle[0].firstChild.nodeValue;

after
62:        if ( readTitle.length > 0 ) postTitle = readTitle[0].firstChild.nodeValue;
63:
64:        // ignore message posted by Windows Live Messenger
65:        if (postTitle.match(/by\sWindows\sLive\sMessenger/)) return;
66:        
67:        // check reply message
68:        var atMarkIndex = postTitle.indexOf("@");
69:        if ( atMarkIndex >=0 ) return;
70:        
71:        // remove username
72:        var colonIndex = postTitle.indexOf(" ")+1;
73:        postTitle = postTitle.substr(colonIndex);


スクリプトの修正が終わったら,rss2PSM Nuts の設定を行います.
Feed URL には自分の twitter の RSS を指定します.
更新周期はお好みで.
メッセージフォーマットも好きなようにしていいですが,今回は必ず「by twitter」と入れるようにします.

messenger-twitter8.png messenger-twitter9.png




以上で,当初目標として掲げた twitter とメッセのステータス欄が同期するようになりました.
まぁどの程度役に立つかはそれぞれの利用状況によるとは思いますが.
何かおかしいところとかあったら教えてくれると嬉しいです.

CSS で高さの違う要素を上下方向に中央揃えして横に並べる.

<ul> と <li> を使って何らかの要素を横並びにするとき,
常套手段としては各 li 要素に float: left; を効かせたりしますが,
高さの異なる要素に対して行うと上揃えになってしまいます.
まぁそれでいい場合は良いんですが,
中央揃えとか下揃えとかにしたい場合(サムネイル並べたりとか)もあるよね.
ってことでサンプルがこんな感じになっております.
サンプルてきとーでサーセンw

詰まるところ, display で ul.row 下の各 li 要素を table-cell にしてしまいます.
こうすることでセルにしか使えなかった vertical-align が効きます.
ついでに IE6, IE7 対策もこんな感じで OKです.
ここでは ul, li に対してやってますが,別に div とかでもできます.便利.

ヨモツネットさんに感謝(http://www.yomotsu.net/wp/?p=387


ul.row li {
    display: table-cell;
    vertical-align: middle;
}
/* for IE6 */
* html ul.row li {  
    display: inline;  
    zoom: 1;  
}  
/* for IE7 */
*:first-child+html ul.row li {  
    display: inline;  
    zoom: 1;  
}

知らないうちに Gmail Redesigned が Google Redesigned に進化してた.

gr.png

Firefox のプラグイン Stylish を使って独自 CSS を適用することで
Gmail をかっこよくしてくれた Gmail Redesigned.
私は Gmail に依存した生活をしているので,こういう拡張機能は非常に嬉しい.
(いろんなアカウントを集約してるので Google 八分されたら生活が崩壊しかねない)

Gmail がバージョンアップしたらスタイルが崩れ始めたので,
CSS を更新しようと Globex Design さんを訪ねてみたら
Google Redesigned (GR) なるプラグインがあるではないか.
http://www.globexdesigns.com/gr/
Google Calendar と Google Reader にも対応したようだ.
自分で Stylish に CSS を食べさせる必要もなくなって,
クリックで一発更新できるようになったらしい.

さっそく導入してみました.
まず,プラグインインストール後に Firefox を再起動し GR を使えるようします.
しかし,この時わくわくして Gmail を開いてもたぶん残念な表示に.
プラグインと一緒に導入される CSS が最新版の Gmail に対応してないみたいです.
ここでブラウザの右下にある GR のアイコンをクリックし,
「Check for Style Updates」を選ぶと自動で CSS を更新してくれます.
更新が終わるときちんと表示されるようになります.

↓↓↓↓↓ こんな感じ ↓↓↓↓↓
gmail.png

メールが読めるのも困るのでかなり縮小しました.雰囲気だけ味わってください.
デザイン的には以前と大体一緒ですが,パッと気付いたのは,
・ローディングバーが丸みを帯びた
・各メニューボタンの文字が小さくなった
とかです.たぶん他にも色々あるけどきちんと比較してないのでわかりません.
最近は公式のスキンとかも登場してデザイン変更の幅が広がってきたけど,
GR はその先を行くかっこよさなのではないかと個人的に思います.
(まぁ配色とかが好みなだけかもしれないけどw)
Gmail よく使う人は試しに使ってみてもいいんじゃないかなぁなんて思う.
プロフィール

ひかる

  • Author:ひかる
  • SE っぽいバイトで学費を稼ぎつつ,コンピュータの研究をしている大学院生.主に P2P のような分散システムを扱っている.

    最近のマイブームは写真を撮ること.

    眼と頭が悪い.万年金欠.


    本ブログに記載されている情報は,自己責任の下でご利用ください.
    損害等が発生しても当方は一切責任を負いません.
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
タグcloud
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。