東京の風景。勉強したこと。感じたこと。の雑記帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FreeBSD 6.3 で NIC (BCM5708S) が status: active にならない.

Emulab というテスト環境を構築するために,
サーバへ FreeBSD 6.3 をインストールしたのですが,
どうにもこうにもネットワークに接続できない.

●状況
ifconfig で表示される status がいつになっても no carrier となっていて
LAN ケーブルが接続されてないのと同じような感じ.
当然 LAN ケーブルはつながっている.
同じサーバに Ubuntu を入れた場合は問題なく接続された.
NIC は Broadcom の NetXtreme II BCM5708S というもの.
# ifconfig
bce0: flags=8843<UP,BROADCAST,RUNNING,SIMPLEX,MULTICAST> mtu 1500
options=3b<RXCSUM,TXCSUM,VLAN_MTU,VLAN_HWTAGGING,JUMBO_MTU>
ether XX:XX:XX:XX:XX:XX
media: Ethernet autoselect (none)
status: no carrier



●対応策
NIC のドライバ (?) にパッチを当てて,カーネルを再コンパイル.
参考にしたのは以下のページ.
kern/118238: [bce] [patch] bce driver shows "no carrier" on Intel SBXD132 blade (based on IBM HS21)
(http://www.freebsd.org/cgi/query-pr.cgi?pr=118238)

上のページにパッチは置いてありましたが,自分用にここにも置いておきます.
freebsd_bce5708S_patch.txt

やった作業はこんな感じ.
# patch < freebsd_bce5708S_patch.txt
File to patch: /sys/dev/mii/brgphy.c

# cd /sys/i386/conf
# cp GENERIC MYCONFIG
# config MYCONFIG
# cd ../compile/MYCONFIG
# make depend && make && make install
# echo ifconfig bce0 media 1000baseSX mediaopt full-duplex > /etc/start_if.bce0
# reboot



●結果
ちゃんと status: active になって,IP アドレスも取得できるようになりました.
スポンサーサイト

ニンテンドー DS を組み立てる.

元々もらい物なこの DS ,動作はしますがジャンク品と言える状態でした.
ST330040.jpg


一度完全に分解した DS でしたが,代替の筐体を調達するまで時間がかかりそうだったので
組み立て直してヒンジを応急処置してしばらく使ってました.
真鍮の丸棒を曲げて,筐体に穿った穴に差し込んで固定.
そこに DS の上側をバンドで接続.
一応開閉はできますが,ちょうど良いところでは止まらないので支えが必要.
非常にゲームやりづらいです,これ.
SANY2505.jpg SANY2504.jpgSANY2506.jpg SANY2507.jpg



新しい筐体の準備が出来たので,再度分解して移植していきます.
SANY2510.jpg


分解・組み立ての工程は前に書いたので省略.
マザーボードを組み付けるところまでやってしまいます.


高速化のために追加した部品はボリューム近くに配置しました.
スイッチにかかる負荷(力学的な)を逃がせる場所であることと,
基板と干渉しない場所であることを条件に探した結果ここに.
少なくとも旧型 DS は筐体設計に結構余裕があるので,
割と実装する人の好きなところに配置できると思います.
塗装する前に,筐体にはスイッチ用の穴を開けてありましたが,
被膜が思っていたより厚くなったのでちょっと削り直しました.
SANY2512.jpg SANY2514.jpg


全部組み込んだので,最後まで一気に組み立てちゃいます.
スイッチはこんな感じで筐体の裏側から操作できます.
今回は 3 段階スイッチで動作速度を変更できるようにしてます.(x1, x1,4, x1.7)
SANY2518.jpg


完成.
カーボン柄も光の当たり具合によっては見えるから良しとしよう.
遠くからみると,メタルっぽいグロスブラックといったところだろうか.
SANY2515.jpg SANY2516.jpg


しかし,画面を支えないでゲームできることがこんなに快適だったとはw

ニンテンドーDS の筐体をカーボン風に塗装.

先日ヤフオクで DS の筐体(中古)をゲットしました.
色はシルバーなんですが,あまりきれいでないので塗装することに.


まずはネジの類を外し,下地処理をしていきます.
耐水ペーパーで元々の塗装剥がし.
#500 で大体剥がしたあとに,#1000 で整えました.
#1500 くらいも用意しとけばよかった気がしてきてちょっと後悔.
SANY2482.jpg


元がシルバーなのでわかりづらいですが,左側だけ剥がしました.
光沢が無くなって ABS が露出しています.
SANY2483.jpg


全部ゴシゴシしてやりました.もちろん黒いヤツもです.
SANY2485.jpg


水気をよく切ってからプライマーを塗ります.今回のは透明タイプ.
鮮やかな色で本塗りしたいときは白いプライマーの方がいいと思うんですが,
今回は結局黒くするので手元にあった透明のでも問題ないはず.
SANY2487.jpg SANY2488.jpg


よく乾燥させたら,目立つ凸凹をペーパーで落とします.
表面のゴミとかもきれいにしたら,下地色のセミグロスブラックを吹きます.
写真は室内で撮ってますが,塗装は外とかブースとか換気の良いところでやりましょう.
SANY2489.jpg SANY2491.jpg


黒は2 度塗りしました.
よく乾燥したら,マスクの上から焼鉄色でカーボン風模様を入れていきます.
マスクにはストッキングを用意しました.
残念ながらストッキングを履く趣味はないので,百均で調達.
店員がどう思ってレジを売ったかは知りませんw
当然ながらストッキングが塗装面に密着していないとマスクにならないわけですが,
ヒンジ部分とかは凹凸が激しいので非常に難しい….
組み立て後に見えなくなるところに両面テープを貼って,なるべく密着するようにはしました.
SANY2494.jpg
それにしてもこのストッキング,爪とかがひっかかって伝線しまくりました.
女性の皆さんは普通に履いてますけど,これって脱いだり履いたりに結構難儀しそうだな….


焼鉄色はエアブラシで塗りました.
いつだったか忘れたけど,大昔に買ったエアブラシ.
油性塗料は使うなって書いてあるんですが,まぁ安いし壊れたら壊れたでいいやと強行.
SANY2492.jpg


違うパーツですが,焼鉄色を吹いた後がこれ.
SANY2496.jpg


カーボン柄が乾いたら,スモークを吹いて色を整えます.ウェットカーボン風?
SANY2498.jpg


スモークも乾いたら,仕上げのクリアを塗ります.
ここまではずっとラッカーでしたが,最後はウレタンです.
2 液混合タイプで,やはりラッカーとは強度が比べものになりません.
SANY2502.jpg

ここにきてほとんどカーボン柄が見えない疑惑が浮上.
スモーク塗りすぎたかな...
とりあえずウレタンも吹き終わって硬化待ち.
完全硬化には 24 時間かかるらしいので,ここでこの日の作業は終了.
SANY2499.jpg SANY2500.jpg


被膜硬化後に,どの程度カーボン柄が見えることやら….

ニンテンドー DS を高速化.

先日分解した DS ですが,高速化改造をしてみることにしました.
思い立ったが吉日かどうかはしりませんが,秋葉原へ.

小学生の頃は電子部品を買いにしばしば来たんですが,
最近秋葉原に来るのは電車の乗り換えかヨドバシに行くくらい.
久々に電器街を歩いた気がします.
GW の影響もあるのかは知りませんが,
休日の秋葉原はやはりすごい人ですね.疲れました.

今日の買い物は 25MHz,28MHz の水晶発振子と 3P スイッチ.各 100 円.
ケース用にとジャンクの DS も探してみたんですが発見できず.
これに関してはヤフオクを物色中.

高速化の詳細については,ググると出てくるのでそちらにお任せします.
16.756 MHz の発振子からの信号を 4 倍して 67.024 MHz で動作しているらしいです.
そこでこのクロック信号の周波数を上げることでより速い動作速度を得ようという計画.
これを行うと DS のすべての挙動が速くなるので,RPG とかシミュレーション系は快適です.
逆にアクションとかレースは難易度が上がります.
(時計用の発振子は別にあるので,DS 内蔵の時計が速くなることはないです.)

試しにマリオカート DS を動作させたのが以下の動画.
比較用に通常のも載せておきます.
DS動作テスト(1倍速)
[広告] アクセス解析

DS動作テスト(約1.7倍速)
[広告] アクセス解析




ここからは作業の流れについて.

発振子は DS カードスロットの下にあるので,分解したままだと作業できません.
まずはカードスロットの足(4 カ所)のハンダを順番に溶かしながら
少しずつスロットを持ち上げていきます.
力任せにやると簡単に基板のプリントがはがれるので気長にやりましょう.
ST330059.jpg

スロットの下にある大きいやつが CPU です.ARM プロセッサですね.
写真で言うとその右にある小さいやつが発振子です.
ST330060.jpg

元々ある発振子を取り替える手もありますが色々不便なので,
並列に新しい発振子をつないでスイッチで切り替えます.
発振子の上にある R2 チップの右足と 左にある C1 チップの上側の足に導線をつなぎます.
SANY2468.jpg

芋っぽくなったけどまぁつながったので良しとしよう(・ω・`)
細かい作業なのでうっかり他の部分を焦がしたりしないように気をつけるべし.
(下の銀色のはサイズの参考においた 1 円玉.)
SANY2469.jpg

導線を接続したらカードスロットを元に戻します.
4 つの足をハンダで固定しなおせば OK です.
SANY2470.jpg

引っ張り出した導線に新しい発振子と,スイッチをつないでとりあえず完成です.
仮組みなのでとりあえず裸のまんまです.
ケースに実装するときの配置とかについてはまたそのうちということで.
SANY2479.jpg

ニンテンドーDS を分解してみた.

友人からヒンジが壊れたニンテンドー DS をもらいました.
その人は新しく DS Lite を買った模様.

ST330036.jpg ST330037.jpg

完全に砕けていますが,いきなりこんな壊れ方をしたわけではなく,
最初はヒンジが馬鹿になっただけだったみたいです.
上画面が固定されないという症状だったので紐を張って対処していた感じですが,
ヒンジが全壊した今となっては特に役目も果たさず….

ST330039.jpg ST330040.jpg

ジャンク品からケースだけ使うとか交換用のシェルを買うとかして,
外装を交換してみようかなと思うのでとりあえず分解してみることにしました.
各サムネイルをクリックするともう少し大きい画像が見られます.


まずバッテリを外します.普通の + ねじ 1 本で固定されてます.
ST330041.jpg

続いて裏蓋を外します.
ここで外す 7 本のねじは全部 Y ねじなので専用ドライバーが必要です.
ここ以外はすべて + ねじでした.
ST330042.jpg

裏蓋を外すとマザーボードが出てきます.
フレキシブル基板とオーディオケーブルがつながっているので外しましょう.
その後,マザーボードを筐体に固定している + ねじ 4 つを外します.
ST330045.jpg

幅広のフレキシブル基板のコネクタは黒い部分を上に持ち上げると固定が解除されます.
細い方は黒い部分を平行にスライドさせると固定が解除されます.
ST330043.jpg ST330044.jpg

オーディオケーブルは上に引っ張るだけで外れます.
当然ですが,線を引っ張らないようにしましょう.
ST330046.jpg

これでマザーボードが外れます.
その下に液晶とタッチパネルがあります.
ケースをひっくり返すと落ちてくるのでうまいこと押さえた方がいいかと.
キーの類は無くす前に外しておくのが無難でしょう.
ST330047.jpg

続いて上側の筐体を分解します.
写真撮り忘れたんですが,上画面の両脇のゴムの下に 2 つずつねじが隠れてます.
ねじをはずしても爪があるのですぐには開きません.
自分の場合はサイドのヒンジ側から爪を外したらすんなり開きました.
ST330048.jpg

上側の筐体を開くと,液晶とスピーカと小さい基盤が見えます.
液晶のフレキシブル基板はコネクタに接続されているので先にやったように外します.
幅広タイプの下に細いのが隠れてるので注意.
ST330049.jpg ST330050.jpg ST330051.jpg

これで小さい基板が外れます.
スピーカは溝にハマってるだけなので取っちゃいます.
ST330054.jpg


フレキシブル基板をコネクタから外してもまだ焦ってはいけません.
液晶に両面テープで接着されてるので,基板を破かないように慎重に剥がしましょう.
ST330052.jpg

これで各液晶が筐体から外れます.
ST330056.jpg ST330053.jpg

ヒンジ金具は横から押し出す感じで外れます.
ST330055.jpg

これで分解作業は終了です.
破片は筐体の中から出てきました.まぁ結構ハデに砕けてるからなぁ.
交換用の筐体はまだ用意できていないのでとりあえず箱にでも大事にしまっておきます.
ST330057.jpg ST330058.jpg
プロフィール

ひかる

  • Author:ひかる
  • SE っぽいバイトで学費を稼ぎつつ,コンピュータの研究をしている大学院生.主に P2P のような分散システムを扱っている.

    最近のマイブームは写真を撮ること.

    眼と頭が悪い.万年金欠.


    本ブログに記載されている情報は,自己責任の下でご利用ください.
    損害等が発生しても当方は一切責任を負いません.
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
タグcloud
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。